コンテンツにスキップする

イラクのクルド人自治区で銃撃、トルコの外交官が死亡

  • アルビルのコーヒーショップ、トルコ外交官が襲撃される
  • トルコ外務省は襲撃によって職員が死亡したことを確認

イラク北部、クルド人自治区アルビルのコーヒーショップでトルコの外交官らが襲撃され、少なくとも1人が銃撃で死亡した。トルコ軍とクルド人反体制派の間で急速に対立が深まる恐れがある。

  トルコ外務省は在アルビル領事館の職員1人が死亡したと確認し、領事館の外で襲われたことを明らかにした。イラクのテレビ局スマリアはトルコの副領事と一緒にいた2人も死亡したと報じたが、確認は取れていない。

  トルコとクルド系武装組織「クルド労働者党」(PKK)の戦闘は30年ほど前から続いている。米国および欧州連合(EU)はPKKをテロ組織と見なしている。  

原題:Gunmen Kill Turkish Diplomat in Attack in Kurdish-Run Iraqi City(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE