コンテンツにスキップする

アマゾンを欧州委が調査、販売業者のデータ使用巡り競争法違反の疑い

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会はインターネット小売り最大手、米アマゾン・ドット・コムが販売業者から得るデータの使用を巡り、EU競争法に違反した疑いがあるとして調査を開始した。

  欧州委が17日に電子メールで送付した声明によると、小売業者であると同時に、他の業者にオンライン市場を提供するアマゾンの「二重の役割」が調査の焦点となる。調査の展開次第で、アマゾンは制裁金の支払いや事業運営方法の変更を命じられる可能性がある。

  声明で欧州委は、「アマゾンは『マーケットプレイス』に出品する業者やその商品、取引に関し、競争面で機密性が高い情報を利用しているように見受けられる」と指摘。アマゾンがマーケットプレイスの業者に販売の場を与えることで、自社も小売業者として便益を得ているのかどうかを調査すると説明した。

  ベステアー欧州委員(競争政策担当)はここ数カ月、この件に関する予備調査を進めていることを明らかにしていた。

  アマゾンは「欧州委に全面的に協力する。あらゆる規模の事業者を支援し、成長を助ける取り組みを続けていく」とコメントした。

原題:Amazon Faces EU Battle as Vestager Opens Antitrust Probe (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE