コンテンツにスキップする

フェイスブック「リブラ」計画をつぶすべきでない-IMFリプトン氏

  • 仮想通貨巡るリスクの抑制を「強化」する必要あるとも指摘
  • 技術の価値は最初は分からないとリプトン専務理事代行

国際通貨基金(IMF)のリプトン専務理事代行は16日、規制当局者が米フェイスブックの「リブラ」計画など仮想通貨に伴うリスクの抑制を「強化」する必要があるが、同計画をつぶそうとすべきではないと述べた。パリでフランス中銀が開いたブレトンウッズ会議75周年の会議で発言した。

  リプトン氏は具体的なリスクとして、新たな独占が出現する可能性や、比較的弱い通貨への影響とドル化の拡大、違法活動の機会、金融安定性への脅威などを挙げた。

  同氏は仮想通貨計画について、これらのリスクを見れば「つぶすべきだと思える」が、経過はもっと複雑だと指摘。「技術とイノベーションの歴史を振り返れば、最初の段階では技術がどのくらいの価値を持つかは決して分からないということが学べる。数十年にわたることもある実験と適応が必要だ」と説明した。  

  リプトン氏はまた、民間企業が保証するステーブルコインはデジタル決算システムを一変させており、決済の迅速化とコスト低減を実現させていると述べた。

原題:Trump Administration Sued for Blocking Asylum Applications (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE