コンテンツにスキップする

ドイツ銀、クレディSから資産運用チーム採用-報酬40%アップも

  • 移籍するチームは15日にクレディSを退社-関係者
  • 市場平均上回る報酬約束との観測浮上もドイツ銀はコメントせず
GERMANY-RUSSIA-BANKING-DEUTSCHEBANK-PROBE
Photographer: DANIEL ROLAND/AFP
GERMANY-RUSSIA-BANKING-DEUTSCHEBANK-PROBE
Photographer: DANIEL ROLAND/AFP

ドイツ銀行は十数人から成るプライベートバンカーのチームをクレディ・スイス・グループから採用した。世界でトレーダーを多数削減しているドイツ銀は、資源をウェルスマネジメントにシフトさせている。

  欧州の大手銀の多くも、安定収入の得られるウェルスマネジメントに軸足を移しつつある。事情に詳しい関係者によると、移籍するチームは15日にクレディ・スイスを退社。大半はイタリアで勤務するという。

  ドイツ銀のウェルスマネジメント事業は、クレディ・スイスやUBSグループに比べて小規模で、 クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は拡大を目指している。

  ドイツ銀は一部バンカーに最大40%の報酬増と2018年と同額のボーナスを提案したと、事情に詳しい関係者が述べた。ドイツ銀はイタリアでの採用について、また市場平均を上回る報酬を約束したかどうかについてコメントを控えた。

原題:Deutsche Bank Taps Credit Suisse Bankers to Build Out Wealth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE