コンテンツにスキップする

シリコンバレーは忘れよう-21世紀の米国で最も稼ぐのはやっぱり医者

  • 米国で給料の高い職業上位5つのうち4つが医学・歯科関連
  • テクノロジー関連の職業は10位になってやっと登場-米労働統計局
1493326345_doctor
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
1493326345_doctor
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

テクノロジー業界で働くことが、21世紀の米国で裕福になれる最も確実な道だと考えられている。

  だが、若いプロフェッショナルがどのようにして成功し稼ぐのかをまとめた「ブルームバーグ・ワーク・ワイズ」が明らかにしたのは、20世紀と状況は変わらないということだ。母親から医者になるよう言われたことを覚えているだろうか。そう、ママは正しいのだ。

  米労働統計局(BLS)によれば、米国で給料の高い職業上位5つのうち4つが医学・歯科関連となった。
  
  最も稼ぐのは一般開業医で、年間給料の中央値は20万1100ドル(約2180万円)。テクノロジー関連の職業は10位になってやっと登場する。辛うじてトップ10入りを果たしたコンピューター・情報システムのマネジャーは14万2530ドル。ソフトウエアデベロッパーは36位で11万ドルだ。

  弁護士は12万910ドルと24位。法科大学院を卒業しても業界の整理・統合に直面することになる。

People Will Always Get Sick

When it comes to the top 10 jobs by salary, don’t buy the tech industry hype.

Source: U.S. Bureau of Labor Statistics

  最も稼ぎが悪いのはカジノのディーラー。レストランのウエーターもまた年間給料の中央値が最低クラスだ。次にカジノで遊ぶ時には、ディーラーやウエーター・ウエートレスへのチップを若干はずみたいと思うかもしれない。

The House Always Wins

As for the 10 worst jobs by salary, your dealer is holding a pair of twos.

Source: U.S. Bureau of Labor Statistics

  博士号を得るために多額の学生ローンに頼る場合は、それに見合う見返りがあるかどうか検証したくなるだろう。ご想像通り、大学教授は高めの学位を得ることで報酬が大きく伸びる。テクノロジー分野ではコンピューターサポートの専門家が稼ぎを5割余り増やす。

When Getting a Master’s Degree Means Big Money

原題:Forget Silicon Valley, It Still Pays More to Be a Doctor in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE