コンテンツにスキップする

ブルーエプロン株、上場来で最大の上昇-ビヨンド・ミートと提携で

16日の米市場で、食材宅配サービス会社の米ブルーエプロン・ホールディングスの株価が上場来で最大の上昇となった。人気ブランド、ビヨンド・ミートとの提携発表が好感された。

  ブルーエプロンは、ビヨンド・ミートが手掛ける代替肉の提供を8月に始めると発表。ブルーエプロンの株価は一時、2017年6月の上場以降で最大となる78%高を付けた。終値は36%高の10.38ドル。

  新規株式公開(IPO)以降、株価が90%余り下落していたブルーエプロンだが、この提携で新たな活路を見いだす可能性がある。一方のビヨンド・ミートは、レストランやファストフード・チェーンで代替肉メニューの導入が相次ぐ中、株価は5月の上場から7倍近く上昇。16日は3.6%高で終了した。

Blue Apron partners with Beyond Meat after stocks diverged

原題:Blue Apron Surges Most Since IPO on Beyond Meat Partnership (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE