コンテンツにスキップする

株どこみる?梅雨明け遠い中国関連、テスラ値下げでパナソニックは?

relates to 株どこみる?梅雨明け遠い中国関連、テスラ値下げでパナソニックは?

Photographer: Kiyoshi Ota /Bloomberg

relates to 株どこみる?梅雨明け遠い中国関連、テスラ値下げでパナソニックは?

Photographer: Kiyoshi Ota /Bloomberg

トランプ米大統領は16日、自分が望めば中国からの輸入品に追加関税を課すことができると再び発言した。きょうの東京市場での中国関連銘柄の値動きが注目される。

  中国に事業を展開するコマツと日立建機はアナリストが投資判断を引き下げている。ともに同国経済との関連が強いとみられる銘柄の代表格。中国関連銘柄とみられる化学株などにも注意が必要だ。

  米電気自動車(EV)メーカーのテスラは需要下支えのために最低販売価格を引き下げた。直近のブルームバーグデータによれば、仕入れ総額の約13%をパナソニックが占める。値下げ実施後のEV販売次第ではパナソニックの業績に影響する可能性がある。米国市場でテスラ株は一時2.2%安に売られる場面があった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE