コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、資源国通貨が原油につれ安-米統計も良好

更新日時

16日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。資源国通貨は下落した。米国とイランの緊張が緩和に向かう可能性を手掛かりに、原油相場が大きく下げたことが背景。米小売売上高など、良好な経済指標もドルを支えた。

  • ニューヨーク時間午後4時40分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%上昇。一時は0.5%上げ、7月10日以来の高値を付けた。ドルは対主要10通貨で全面高
  • ドルは午後に上げ幅拡大。イランが協議に前向きな姿勢を示唆したとするポンペオ米国務長官の発言を受け、ニューヨーク原油先物が7月5日以来の安値に下げたことが背景
    • ユーロやオーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、カナダ・ドルが下落
  • 6月の米小売売上高は市場予想を上回った。飲食店、自動車ディーラー、建材店、ガソリンスタンドを除いたベースのコア売上高は0.7%増と、予想されていた伸びの倍を超えた
  • 米経済指標はおおむね予想より良好だったものの、年内の米利下げを巡る市場の織り込みは変わらず、年末までに0.25ポイント利下げが3回近く織り込まれている
    • ダラス連銀のカプラン総裁は政策金利の「戦術的な調整」は適切となり得ると発言。シカゴ連銀のエバンス総裁は年内2回の利下げを支持すると述べた
  • ドルは対ユーロで0.4%高の1ユーロ=1.1208ドル。対円では0.3%高の1ドル=108円26銭
Outlook for Fed policy not materially changed after retail data

欧州時間の取引

  米国の小売売上高や鉱工業生産指数の発表を控え、ドルが主要10通貨の大半に対して上昇。一方、ポンドは下げ幅を拡大。英政治が引き続き重しとなった。

原題:Dollar Gains as Commodity Currencies Slump With Oil: Inside G-10(抜粋)

Dollar Climbs Before Key Data, Sterling Stumbles: Inside G-10

(相場を更新し、新たな情報を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE