コンテンツにスキップする

ヘッジファンドの米株エクスポージャー急増-近い将来の下落示唆か

トレンド追随戦略のヘッジファンドが米国株へのエクスポージャーを増やした。近い将来の相場下落を示唆している可能性がある。

  株式に重点を置くヘッジファンド全体のエクスポージャーは低めだが、マクロ戦略やコモディティー・トレーディング・ファンドなどトレンド追随のファンドは「突然強気」となり、サンディアル・キャピタル・リサーチの創業者ジェーソン・ゴープファート氏によると、「3月の25%ショートから先週後半までには50%余りのロング」に転じていた。

  同氏はリポートで、30日以上で初めて50%を超えたことは、相場下落の前兆かもしれないと指摘した。リポートはS&P500種株価指数の2003年以降の動きを分析したが、50%超ロングとなった後の同指数のリターンは「2カ月間は特に弱く、3カ月間のリスク・リワードは最悪」だという。

  過去の例ではS&P500種が、2週間後に中央値で0.3%下落、2カ月後には1.4%下落したと同氏は記している。

relates to ヘッジファンドの米株エクスポージャー急増-近い将来の下落示唆か

原題:Sudden Jump in Hedge-Fund Exposure Flash Warning for Equities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE