コンテンツにスキップする

予算と債務上限の双方を含む合意案を議会指導部と策定中-米財務長官

  • 合意に非常に近づいているが交渉は極めて複雑だとムニューシン長官
  • ムニューシン長官とペロシ下院議長、15日に続き16日も協議へ

ムニューシン米財務長官は15日、議会指導部と、連邦債務の法定上限引き上げに向けた合意案策定に取り組んでいると述べた。この合意案には民主、共和両党が交渉の一環として望む予算合意案も含まれるとした。

  ムニューシン長官は、「われわれが債務上限と予算の交渉で合意できる限りは、それが第一の選択肢だ」とし、「われわれは合意に非常に近づいていると思うが、ご存じのようにこの交渉は極めて複雑だ」と語った。

White House Press Briefing With Treasury Secretary Steven Mnuchin

ムニューシン長官(7月15日)

Photographer: Al Drago/Bloomberg

  同長官とペロシ下院議長との協議は、財務省が先週、政府の手元資金が底を突くと予想される時期を繰り上げたことから、一段と緊急性を帯びることとなった。長官は12日のペロシ議長宛て書簡で、財務省の予想シナリオの一つによれば、議会の夏季休会明け前の9月初めにデフォルト(債務不履行)状態に陥る可能性があると説明した。

  ムニューシン長官は債務上限と予算の双方の問題で同時に合意に達することを自分は「望んでいる」が、たとえ向こう2会計年度の歳出水準で合意できなかった場合でも、議会は今月26日に6週間の休会に入る前に債務上限を引き上げるべきだと語った。

  ペロシ氏側近によると、同氏とムニューシン長官はワシントン時間15日午後7時(日本時間16日午前8時)前後に協議した。16日にも引き続き話し合う予定。ペロシ氏は予算上限問題と債務上限引き上げをリンクさせようとしている。

原題:Mnuchin Says Plan A for Debt Limit Deal Includes Budget Caps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE