コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi

三菱重の資産売却を近く申請へ-韓国元徴用工の弁護団

A turbine blade for a gas fired turbine, manufactured by Mitsubishi Heavy Industries Ltd., is seen at Tokyo Electric Power Co.'s (Tepco) combined cycle thermal power station in Kawasaki, Kanagawa Prefecture, Japan, on Thursday, Aug. 21, 2014. The company opened the plant to the media as the heat recovery steam generator (HRSG) module was installed at the plant's new generator unit currently under construction.
Photographer: Tomohiro Ohsumi

戦時中に強制労働させられたとして韓国人の元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らが三菱重工業を相手取って起こした訴訟で、原告の弁護団は16日、差し押さえた韓国内の同社資産の売却を命じるよう裁判所に近く申請すると表明した。この訴訟では昨年、最高裁で原告の勝訴が確定した。

  弁護団は三菱重工が15日までに賠償協議に応じない場合、資産の売却手続きに入ると通告していた。

  弁護団はこの日の発表資料で、三菱重工が協議の要請を無視し、強制労働問題に対する遺憾の意も表明しなかったと指摘した。

原題:Forced Labor Victims to Seek Sale of Mitsubishi Heavy Assets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE