コンテンツにスキップする

CLO、米銀や運用会社も買いに参入-最上級トランシェ奪い合いも

  • フィデリティ・インベストメンツやJPモルガンが購入
  • 日本のメガバイヤーである農林中央金庫も復帰

6000億ドル(約64兆8000億円)規模の米ローン担保証券(CLO)市場に世界の大手運用会社が参入しつつある。

  事情に詳しい関係者によると、フィデリティ・インベストメンツはCLO市場に参入し、JPモルガン・チェースは一時的に手控えた後、同市場に戻ってきた。パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)など他の大手も最近数カ月に購入を増やしている。それに加えて日本のメガバイヤーである農林中央金庫が第2四半期の買い控え後に戻ってきた。 業界のベテランたちは最上級格付けのCLOトランシェの奪い合いが始まると予想している。

  世界中の中央銀行が緩和サイクルに近づくなか、マイナス利回りの債券は12兆5000億ドル相当に及び、投資家の利回り追求に拍車が掛かっている。CLOは今年、他の資産クラスに比べリスクプレミアムの縮小幅が小さい。 CLOの買い手が増えると原資産であるローンの需要が急増する可能性がある。これはジャンク格付けの企業の借り入れコストを引き下げ、レバレッジドバイアウト(LBO)を活発化させるが、規制当局が既に懸念している市場をさらに過熱させるリスクもある。

Yields on top-rated CLOs are near a post-crisis high versus U.S. A grade corporates

  CLO20本を管理するTHLクレジットの事業開発責任者、マイケル・ハージグ氏は「CLOに投資しようという買い手が増えている」として、米銀や運用会社からの関心の再燃、日本の投資家の復帰を指摘した。

  フィデリティとJPモルガン、PIMCOの担当者はいずれも最近のCLO購入についてコメントを控えた。

原題:New CLO Buyers Set Up Clash of Titans in $600 Billion Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE