コンテンツにスキップする

スナップ株弱気派のモルガンS、今年の180%上昇にも見方変えず

  • カイリー・ジェンナー氏の投稿による影響以降の自然な戻りの可能性
  • 投資判断は「アンダーウエート」と弱気姿勢を維持

写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップ株が今年180%以上上昇しているのは「素晴らしい回復」の兆候だ。ただ、ソーシャルメディアで影響力が大きい「インフルエンサー」のカイリー・ジェンナー氏が昨年スナップチャットをもう開いていないと投稿し、10代の若者に影響を与えて以降の自然な戻りの可能性もある。モルガン・スタンレーが指摘した。

  モルガンのアナリスト、ブライアン・ノワク氏は朝の顧客向け調査リポートで、スナップの「最近のファンダメンタルの改善は株価に十分過ぎるほど織り込まれている」と指摘した。スナップ株は15日の米株式市場で一時2.1%下落。ノワク氏は、同社の株価収益率が圧迫される可能性に言及し、投資判断「アンダーウエート」で弱気姿勢を維持した。

  業界内での最近の調査では、新たなプロダクトの投入と経営陣のより良い経営のかじ取りがユーザー数の伸びとアクティブユーザー指標の改善をもたらす可能性が高いことが示されているとし、ノワク氏は目標株価については13ドルと4ドル引き上げた。ただ、今年これまでの株価上昇に伴い相対的にアンダーパフォームするリスクは高まっている。

Snap shares see volatilty as traders weigh prospects of a company turnaround

原題:Snap Bear Dismisses 180% Rebound Following Kylie Jenner Blowup(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE