コンテンツにスキップする
Photographer: John Taggart/Bloomberg

ウーバーとリフトのサービス利用ペース、NY市で減速-料金上昇受け

  • 5月のウーバー配車サービス利用回数、3月の数字を8%下回る
  • NY市の全国初の最低賃金ルールで乗客の利用料金も押し上げられた
A passenger sits in the back of a Lyft Inc. driver's vehicle travel in New York, U.S., on Thursday, Aug. 9, 2018. New York's city council dealt a political blow to Uber Technologies Inc. and other app-based car-for-hire companies by approving a one-year industry wide cap on new licenses and giving the city Taxi & Limousine Commission authority to set minimum pay standards for drivers.
Photographer: John Taggart/Bloomberg

米ニューヨーク市での主要配車アプリの利用料金上昇を受け、最も価格に敏感な利用者層が乗車を思いとどまっている可能性がある。

  ブルームバーグ・ニュースがニューヨーク市のタクシー・リムジン委員会のデータを分析したところによると、米ウーバー・テクノロジーズの同市での配車サービス利用回数は5月に1590万回と、3月を8%下回った。また、リフトのサービスの利用回数は470万回と、ピーク時の3月を1万7000回下回った。

  ニューヨーク市当局は半年近く前、両社の運転手に対する全国初の最低賃金ルールを可決。その結果、乗客の利用料金も押し上げられた。最低賃金ルールを受け、ウーバーとリフトは共に料金引き上げを発表していた。

Slowdown or Blip?

原題:Uber, Lyft Ridership Pace Declines in NYC After Fares Rise (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE