コンテンツにスキップする

物流施設運営の米プロロジス、同業のIPTを買収へ-約4300億円で

更新日時
  • 現金での買収、今年終盤か来年早い時期に完了の見込み
  • ブラック・クリークがIPT売却検討とブルームバーグが2月に報道

物流施設運営の米プロロジスは倉庫など物流不動産を保有する米インダストリアル・プロパティー・トラスト(IPT)を約40億ドル(約4300億円)で買収することで合意した。アマゾン・ドット・コムやフェデックスといった企業向け事業拡大を目指す。

  プロロジスは15日の発表資料で、現金による今回の買収には債務の継承・返済分が含まれ、今年終盤か来年早い時期に手続きが完了する見込みだと説明。ブルームバーグの先の報道を確認した。

  発表資料によれば、IPTの事業ポートフォリオは236物件から成り、その96%が既存のプロロジスの市場にある。今回の合意で、南カリフォルニアやサンフランシスコの湾岸地域、シカゴ、アトランタ、ダラス、シアトル、ニュージャージー州における同社の足場が広がる。

  株式非公開の米不動産投資信託(REIT)であるIPTについて、オーナー企業のブラック・クリーク・グループが売却を検討しているとブルームバーグが2月に報じていた。

原題:Prologis to Buy Rival Industrial Property Trust for $4 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE