コンテンツにスキップする

モラー氏の下院委証言、1週間延期-今月24日に

  • ナドラー司法委員長とシフ情報特別委員長が共同声明
  • 日程延期に伴い司法委は質疑で新たに1時間を確保

2016年米大統領選でのロシア干渉疑惑を特別検察官として捜査したロバート・モラー氏が二つの下院委員会で行う証言が1週間延期される。両委員会の委員長が12日夜に発表した。

  ナドラー司法委員長(民主)とシフ情報特別委員長(民主)は共同声明で、司法委での質疑の時間が1時間長く取れるように日程を24日とすることでモラー氏と合意したことを明らかにした。

  司法委での質疑応答は最大3時間に延長される。これまでの予定は2時間で、民主・共和両党に1時間ずつ配分されるはずだったが、5分ルールの下ではより多くの議員が質問する機会を得られないと両党から不満が出ていた。

Senate Judiciary Committee

ロバート・モラー氏

原題:
Mueller’s Testimony Before House Panels to Be Put Off for a Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE