コンテンツにスキップする

ソシエテ・ジェネラル、ロンドンで人員削減-パリでは自主退職開始へ

フランスの銀行ソシエテ・ジェネラルは、ロンドンで人員削減を開始した。ドイツ銀行などのライバル行も人員を削減しており、ロンドンの金融界では悲観的な空気が広がっている。

  事情に詳しい複数の関係者が述べたところによると、ここ数週間でロンドンの従業員数十人がすでに退社した。このうちコモディティ担当が30人を占めるという。またパリでは自主退職プログラムが始まろうとしており、今後数カ月間に人員が削減される見込みだと、情報が非公開だとして同関係者が匿名を条件に語った。

  ロンドンではコモディティに続き株式でも人員削減が実施される可能性があると、同関係者は述べた。ソシエテは4月、世界で1600人を削減し、店頭のコモディティ取引など資本集約型の事業から撤退する計画だと発表した。

原題:SocGen Is Cutting Jobs in London as Oudea Revamp Takes Hold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE