コンテンツにスキップする

高リスク社債の値上がりは終わらない-成績トップファンドの運用者

  • テクノロジーがインフレ抑制し世界の金融政策は緩和的にとどまる
  • 「中央銀行が全世界で投資家を社債へと押しやっている」

世界で最高の成績を上げているハイイールド債ファンドの運用者によると、リスク高めの社債の値上がりは終わるには程遠い。

  CIBCアセット・マネジメントのポートフォリオマネージャー、ニコラス・リーチ氏は、全ての人が携帯端末で価格を比較できるテクノロジーの時代がインフレを低く抑え、その結果、世界の金融政策は緩和的にとどまると考えている。

relates to 高リスク社債の値上がりは終わらない-成績トップファンドの運用者

ニコラス・リーチ氏

bloomberg

  「中央銀行が全世界で投資家を社債へと押しやっている」と同氏は話した。ブルームバーグがまとめたデータによると、カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース傘下のCIBCのルネッサンス・ハイイールド債券ファンドの年初来の成績はプラス14%と、世界の同種のファンド68本の中で最高。「世界のソブリン債利回りがますますマイナスになる中で、社債の需要はさらに高まるだろう」とリーチ氏は述べた。

  リーチ氏のハイイールド債ファンドは85%を米企業、15%をカナダ企業の社債に投資配分している。

原題:Top High-Yield Manager Sees Rally Enduring in Low-Inflation Era(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE