コンテンツにスキップする

イランはペルシャ湾で「恐るべき」脅威に-ミリー米陸軍参謀総長

  • ミリー氏は次期統合参謀本部議長に指名されている
  • 「米国はイランとの戦争を望まない」と上院軍事委に書面で回答

トランプ米大統領が次期統合参謀本部議長に指名したマーク・ミリー陸軍参謀総長はイラン軍について、ペルシャ湾で通常兵器と非通常兵器の双方において最も「恐るべき」脅威となっているとの認識を示した。米国は現在、イランの核開発放棄を求め圧力を加えている。

Trump Taps Army General Milley to Lead Joint Chiefs of Staff (1)

マーク・ミリー米陸軍参謀総長

  ミリー氏は11日の上院軍事委員会の公聴会に向け書面で議員らの質問に回答。緊張は高まっているものの、米国は「イランとの戦争を望まない」と説明した。同氏は10月に退任予定のダンフォード現統合参謀本部議長の後任に指名された。

  この回答は、ペルシャ湾で英タンカーがイランの船舶3隻に妨害されそうになり、英海軍のフリゲート艦がタンカーとイランの船舶の間に割って入ったと報道される前に作成された。

原題:Iran Poses ‘Formidable’ Threat in Persian Gulf, Milley Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE