コンテンツにスキップする

英中銀:無秩序なEU離脱なら住宅価格とポンド急落へ-金融安定報告

イングランド銀行(英中銀)は、英国が欧州連合(EU)から合意なしに離脱するリスクは増したと指摘し、そうなった場合ポンドと国債、住宅価格は急落する恐れがあると警告した。

  英中銀は11日公表した金融安定報告で、EUから無秩序な離脱となれば「著しい市場のボラティリティーと資産価格の変動」が見込まれるとし、「重大な経済混乱」に陥るリスクもあるとの見方を示した。

  一方、大手銀行には一定の評価を与えた。世界的な貿易戦争に無秩序なEU離脱が重なる場合でも、英銀大手には生き残る力があるとし、EU離脱で国境を越えた銀行サービスが混乱する恐れは大半が緩和されたと分析。ただ、このリスクを完全に解消するにはEUの側でさらなる行動が必要だと呼び掛けた。

  英中銀はEU離脱を同国の金融安定にとって大きな脅威だと長らく位置付けてきた。英国は10月末でEUを離脱する予定だが、議会はまとまらずメイ首相がEUと結んだ離脱合意の承認も拒んでおり、無秩序な離脱に追い込まれるとの見方が強まっている。

EU離脱に対する準備は改善したと話すカーニー英中銀総裁

Source: Bloomberg)

原題:BOE Sees Fallout on House Prices, Pound From No-Deal Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE