コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】監視カメラ、調達先変更、北京の見方、ドローン

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 米政府機関の中国製監視カメラ、期限過ぎても大半の撤去は困難か
  • 中国の工場は「必死」、米小売り調達先変更で-ウォルマート取引先
  • 再選目指すトランプ氏の対中戦略、どう読むか-北京で2つの見方
  • 自前のゴールドマンが欲しい中国に難路-CLSAの幹部離職で
  • 中国の滴滴出行、ブラジルとメキシコで金融サービス-運転手向け
  • ファーウェイ、中国の銀行5行から1620億円調達へ-外銀入らず
  • ファーウェイはブラックリストに残る-ロス米商務長官
  • ファーウェイ、ロシア企業数社に合弁や事業買収で打診-RBC
  • 中国DJI、米国での事業拡大へ-内務省が特別仕様のドローン採用
  • 中国は貿易安定でさらなる対策講じる-CCTVが国務院の会議引用
  • 中国財政相:経済成長率が6-6.5%のレンジを維持すると確信
  • 米中貿易協議に関して追加の詳細はない-中国外務省
  • 香港TV局で「ポカリ」CM取りやめ-デモ報道が中国寄りと批判の中
  • 中国の乗用車販売、6月は前年同月比7.8%減-CAAM
  • 米国、台湾へのF16V戦闘機売却を9月に発表も-蘋果日報
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE