コンテンツにスキップする

ドイツ銀、リストラ巨額損失でもAT1債利払い可能-EU規則変更で

  • AT1債支払い能力は新規則の下で420億ユーロ増えた公算
  • 2018年末時点の支払い能力は10億ユーロに届かなかった
Deutsche Bank AG Slashes 18,000 Jobs in $8.3 Billion Overhaul
Photographer: Jason Alden/Bloomberg
Deutsche Bank AG Slashes 18,000 Jobs in $8.3 Billion Overhaul
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

ドイツ銀行は74億ユーロ(約9000億円)規模の事業再編により巨額の赤字を計上しても、偶発転換社債(通称CoCo)など「その他ティア1債(AT1債)」の利払いを停止する必要がない。わずか2週間前に改定された欧州連合(EU)の資本要求規則(CRR2)のおかげだ。

   グループ財務担当幹部のディクシット・ジョシ氏が2月のアナリストとの電話会議で行った発言によれば、ドイツ銀のAT1債支払い能力はCRR2の下で少なくとも420億ユーロ増えた可能性がある。2018年末時点の支払い能力は10億ユーロに届かなかった。

   クリスティアン・ ゼービング最高経営責任者(CEO)は、リストラ策発表後の8日に記者団に対し、「EU規則の改正によって、これほどの規模の再編が実行しやすくなった」と述べた。株式業務からの撤退や人員削減を柱とするリストラ費用として、同行は4-6月(第2四半期)に28億ユーロの損失を計上する。

  規則改正に伴い資本準備金をAT1債支払い能力に算入できるため、利払いを停止せざるを得なくなる前により多くの損失を吸収できる。ウニクレディトの銀行クレジットアナリスト、ミヒャエル・タイク氏は、規則が改正されなければ、ドイツ銀は「AT1債のクーポン支払いを危険にさらすことなく、巨額のリストラ費用を計上できなかった可能性が高い」と指摘した。

  それでもクレジット投資家は不安を感じている。表面利率6%のユーロ建てCoCoはリストラ計画発表後、2営業日としては約3年で最大の下げを記録した。

原題:Deutsche Bank Draws on Two-Week-Old Rule in $8.3 Billion Revamp(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE