コンテンツにスキップする

CLO、今が参入の好機か-利回り追求で取引活発、リスクあるが機会も

  • イボンヌ・スティーブンス、リン・ホプトン両氏はCLO会社を設立
  • デフォルト懸念にもかかわらず多くの企業がCLO事業拡大

イボンヌ・スティーブンス、リン・ホプトン両氏はコロンビア・マネジメントで過去18年間、レバレッジドローン関連の業務を手掛けていたが、昨年独立しローン担保証券(CLO)を発行、管理する会社を立ち上げた。

  悪いタイミングだという見方もある。投資家が高利回りを求める中で、低格付け企業向けのローンをまとめたこの商品には6000億ドル(約64兆8000億円)が流れ込み、市場規模は2008年の2倍になった。熱狂によってCLO発行は記録的水準となり、ローン契約の条件は劣化。規制当局は警鐘を鳴らしている。

  しかし両氏は、CLO会社を設立するのに今は好機だと考える。状況が悪化すればローンを割安な価格で買い取れる。リスクもあるが、ローン価格が回復する時には収益機会がある。スティーブンス氏はインタビューで、「こうした資産はクレジットサイクルの中で管理するものだと認識している」とし、「クレジットサイクルでは悪いことも起こるが、機会もある。ボラティリティーは良いものだ」と語った。

relates to CLO、今が参入の好機か-利回り追求で取引活発、リスクあるが機会も

リン・ホプトン氏とイボンヌ・スティーブンス氏

Photographer: Dawn Bowery

  そのように考えるのは両氏だけではない。保険会社からヘッジファンドまで、多数の企業がこのところCLO発行を増やしている。

  リセッション(景気後退)の脅威とデフォルト(債務不履行)のリスクは常にあるが、長年の低金利が促した世界的な利回り追求がCLO取引を活発化させていると、法律事務所デシャートのパートナー、ジョン・ティンペリオ氏は指摘する。同事務所はCLO運用会社約45社を代表している。

  ティンペリオ氏はCLO会社の拡大の動きについて「衰えることなく続いている」と述べた。「資金を生かさなければならないという圧力が原動力だ。また、参入が遅れるとディールをまとめるのが難しくなるという思惑もある。不況のさなかに新参者と取引したがる相手は少ないだろう」と話した。

原題:The Newest CLO Firm Is Ready If Crisis Comes to Credit Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE