コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米政府機関の中国製監視カメラ、期限過ぎても大半の撤去は困難か

  • 数千台が今も設置され大部分は8月13日の期限に間に合いそうにない
  • 国防権限法の修正条項が連邦機関の中国製監視カメラ購入を禁止
Surveillance cameras manufactured by Hangzhou Hikvision Digital Technology Co. are mounted on a post at a testing station near the company's headquarters in Hangzhou, China, on Tuesday, May 28, 2019. Hikvision, which is controlled by the Chinese government, is one of the leaders in the market for surveillance technology, with cameras that can produce sharp, full-color images in fog and near-total darkness.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国当局のスパイ活動の脅威に対抗するため、昨年成立した国防権限法(NDAA)の下で中国政府に関係する企業の製品の政府調達が禁止されたことを受け、米連邦機関は5週間以内に中国製監視カメラを撤去する必要がある。しかし数千台が今も設置され、大部分は8月13日の期限に間に合いそうにない。

  複雑なサプライチェーン物流やライセンス契約が障害となり、監視カメラが中国製か、あるいは規制に違反する部品を含んでいるか知ることほぼ不可能だ。

  国防権限法に盛り込まれた2019会計年度の修正条項は、連邦機関による中国製監視カメラ購入を禁じており、メーカーの浙江大華技術と杭州海康威視数字技術が対象に指定されている。

原題:Banned Chinese Security Cameras Are Almost Impossible to Remove(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE