コンテンツにスキップする

中国の滴滴出行、ブラジルとメキシコで金融サービス-運転手向け

  • ドライバーに銀行カードを提供するため金融機関と提携
  • 「われわれは競争を見据えている」-国際事業テクノロジー責任者

中国で配車サービスを展開する滴滴出行は10日、ブラジルとメキシコで運転手向けの新たな金融サービスを開始した。中南米事業を強化し、競合する米ウーバー・テクノロジーズに対抗する。

  滴滴は金融機関と提携し、ブラジルとメキシコのドライバーに銀行カードを提供すると明らかにした。配車要請に応じたドライバーはこのカードで顧客からの支払いを受け取るとともに、現金を引き出したり、買い物もできると説明した。

  同社の国際事業テクノロジー部門を統括しているチョン・プ氏は香港で同日開かれた「RISE」テクノロジー会議で、ブラジルでは車の運転はできるものの、銀行口座を持っていないために滴滴のドライバーとして働けない人が多いと指摘。「われわれは競争を見据えている。ただ何が一番重要かと問われれば、顧客へのサービスだ」と述べた。

原題:Didi Eyes Global Expansion, Battles Uber Again in Latin America(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE