コンテンツにスキップする
Photographer: Justin Chin/Bloomberg

香港TV局で「ポカリ」CM取りやめ-デモ報道が中国寄りと批判の中

  • 香港のテレビ局TVBはデモ報道が中国政府寄りとの批判受ける
  • 大塚のスポーツ飲料ブランド「ポカリスエット」がCM取りやめ
Demonstrators gather behind a barricade as they stand off against riot police during a protest in Hong Kong, China, on Monday, July 1, 2019. Riot police fired tear gas at protesters who flooded Hong Kong’s legislative building Monday evening after smashing their way through entrances in a dramatic escalation of efforts to force the government to withdraw controversial extradition legislation.
Photographer: Justin Chin/Bloomberg

香港の有力テレビ局TVBは、最近の香港デモに関する報道が中国政府寄りだとしてソーシャルメディア上で批判を受けており、企業に対し同局でのコマーシャル(CM)を取りやめるよう呼び掛ける運動が行われている。

  この運動の主催者は少なくとも1ブランドから賛同を得ることができたようだ。大塚ホールディングスのスポーツ飲料ブランド「ポカリスエット」が、TVBからCMを取り下げたことを明らかにした。これを受け、ポカリスエットはデモ参加者の間でたちまち人気となっている。

relates to 香港TV局で「ポカリ」CM取りやめ-デモ報道が中国寄りと批判の中

香港のデモ参加者がポカリスエットを購入していると投稿

                   

  大塚の広報担当者はTVBでのCM取りやめ決定について、広告予算の定期的見直しや、さまざまな媒体の利用による売り上げへの影響に対する評価を行ったことを理由に挙げた。

  TVBの広報担当者は電子メールで「最近の経済情勢や政治的事件のため、少数の広告主がキャンペーンを延期したり、予約の日程を変更したりする必要がある」と説明したが、これによる事業への大きな影響はないとの見方を示した。

原題:Hong Kong Broadcaster Faces Heat Over Tilt in Protests Coverage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE