コンテンツにスキップする

韓国、戦略物資の輸出管理に不備との日本の報道に反論

  • 2015-19年に戦略物資の違法輸出を156件摘発-産業通商資源省
  • 日本から輸入されたフッ化水素の不正輸出はないと説明
Key World Leaders Attend The G-20 Summit
Photographer: Kim Kyung-Hoon/Reuters
Key World Leaders Attend The G-20 Summit
Photographer: Kim Kyung-Hoon/Reuters

韓国の産業通商資源省は10日遅く、2015-19年に戦略物資の違法輸出を156件摘発したことを明らかにした。ただ、日本から輸入されたフッ化水素が他国に不正輸出された例はないとした。

  FNNは10日、韓国の輸出管理体制に疑問を投げ掛ける実態を示す資料を入手したと報道。日本政府は韓国向け輸出規制強化の理由として、軍事転用できる物資の輸出管理で「不適切な事案」が発生したことを挙げていた。

  これに対し、同省は違反行為の年次状況について透明性をもって開示したと述べ、FNNが引用した文書は5月に韓国の議員に提出されたものだとした。

  フッ化水素の未承認輸出については、一部の韓国企業が国連の制裁下にないアラブ首長国連邦(UAE)とベトナム、マレーシアに輸出したものだと説明した。

原題:S.Korea Refutes Japan Report It Has Lax Export Controls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE