コンテンツにスキップする
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg

バンナムH株に買い注文集中、日経平均採用で-DMG森精は急落

  • 構成銘柄は千代建を除外、バンナムHを新規採用―8月1日から実施
  • バンナムHの買いインパクトは約46日分―SMBC日興
Bandai Namco Holdings Inc. interactive robots 'Gundam Concierge Haro' are displayed at the Combined Exhibition of Advanced Technologies (CEATEC) Japan in Chiba, Japan, on Monday, Oct. 15, 2018. CEATEC, an information technology and electronics trade show, will run until Oct. 19.
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg

11日の東京株式市場で、バンダイナムコホールディングス株は買い優勢で始まり、ストップ高水準の買い気配になっている。日本経済新聞社は10日、日経平均株価の構成銘柄について千代田化工建設を8月1日から除外し、バンナムHを採用すると発表した。

  バンナムHのみなし額面は50円。千代建が市場第2部に指定替えとなるのに伴う措置。SMBC日興証券の伊藤桂一チーフクオンツアナリストはリポートで、採用によるバンナムHに対する買いインパクトは25日平均出来高の約46日分と指摘している。

  クオンツアナリストの多くは採用銘柄の事前予想として、DMG森精機や熊谷組を挙げていた

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE