コンテンツにスキップする

任天堂、携帯専用のスイッチライトを9月発売-9カ月ぶり高値

  • 従来型より1万円安い、コントローラーを本体と一体化
  • 株価は一時3%高、昨年10月5日以来の高値

任天堂株が9カ月ぶり高値。10日夜、ゲーム機「スイッチ」を携帯型に特化した「スイッチライト」を9月20日に発売すると発表した。

  11日の日本株市場で、株価は一時、前日比3%高の4万1210円まで買われ、昨年10月5日以来の高値となった。

Inside The 2019 E3 Electronic Entertainment Expo

任天堂は新機種の投入で顧客層の拡大を図る

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

  発表によると、希望小売価格は税別で1万9980円と従来型より1万円安い。コントローラーを本体と一体化させ、従来に比べ持ち運びやすくなった。テレビに画面を出力することはできないが、携帯型に対応したすべてのスイッチ向けソフトを遊ぶことができる。色はイエロー、グレー、ターコイズの3種類。

  任天堂は新機種の投入で顧客層の拡大を図る。2017年3月に発売し、3年目に入ったスイッチの今期(20年3月期)の本体販売目標は前期比6%増の1800万台に設定している。

  ジェフリーズ証券のアナリスト、アツール・ゴヤール氏はリポートで「廉価版の発売が需要を増やす」と指摘し、「投資家にとってはよいニュースだ」と分析。投資判断「買い」を継続した。

  シティグループ証券のアナリスト、宗像陽氏は英文リポートで、低価格になったことで子供や普段ゲームをしない層にも受け入れられやすくなるとの見方を示した。同社予想よりも早い販売開始についても年末商戦期に追い風となるとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE