コンテンツにスキップする

熱帯低気圧「バリー」、13日までに米ルイジアナ州に上陸の恐れ

  • メキシコ湾の原油生産は既に半減、原油先物は7週間ぶり高値に
  • ルイジアナ州知事は非常事態を宣言、1100億円近い損害の可能性
The Gulf of Mexico on July 10.

メキシコ湾の熱帯低気圧「バリー」は米ルイジアナ州に接近しており、13日までにハリケーンに発達して上陸する可能性がある。上陸すればニューオーリンズの洪水被害は拡大し、10億ドル(約1100億円)近い損害をもたらす恐れがある。

  バリーは米東部時間11日午後5時(日本時間12日午前6時)現在、ミシシッピ川河口の南約90マイル(約145キロメートル)の海上にある。メキシコ湾の原油生産は既に半減しており、原油先物は7週間ぶり高値となった。ルイジアナ州のエドワーズ知事は非常事態を宣言した。

原題:Tropical Storm Races Toward Louisiana, Curbing Oil Output (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE