コンテンツにスキップする
Photographer: Patrick T. Fallon

トヨタ、アラバマ工場でのカローラ生産計画撤回-新型SUVに変更

New Toyota Corolla cars for sale at the DCH Auto Group Toyota Dealership in Torrance, California, U.S., on Tuesday, July 30, 2013.
Photographer: Patrick T. Fallon

トヨタ自動車は米アラバマ州ハンツビルに建設中の新工場で小型セダン「カローラ」を生産する計画を撤回し、代わりに新型スポーツタイプ多目的車(SUV)を製造することを決めた。

  同工場に関する軌道修正についてトヨタは、市場の需要の変化とライトトラック、SUVの需要拡大を反映していると発表文で説明。製造予定のSUVモデルの詳細は明らかにしなかった。

  トヨタのSUV「RAV4」は2年前、同社モデルとして米国で最も売れ行きの良い車種となり、中型セダン「カムリ」に取って代わった。

U.S sales of light trucks diverge sharply from cars

  トヨタは先に、マツダとの合弁によるアラバマ州の新工場ではカローラを生産する予定で、生産開始は2021年を見込むと説明していた。

原題:Toyota Swaps Out the Corolla for a New SUV at Alabama Auto Plant(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE