コンテンツにスキップする

ゴールドマン、信用の質低下は「誇張されている」と指摘

  • 過去最高のレバレッジが過去最低の信用の質を意味するとは考えない
  • インタレスト・カバレッジ・レシオは高まった-アナリスト
The Goldman Sachs Group Inc. logo is displayed in the reception area of the One Raffles Link building, which houses one of the Goldman Sachs (Singapore) Pte offices, in Singapore.
The Goldman Sachs Group Inc. logo is displayed in the reception area of the One Raffles Link building, which houses one of the Goldman Sachs (Singapore) Pte offices, in Singapore. Photographer: Nicky Loh/Bloomberg
The Goldman Sachs Group Inc. logo is displayed in the reception area of the One Raffles Link building, which houses one of the Goldman Sachs (Singapore) Pte offices, in Singapore.
Photographer: Nicky Loh/Bloomberg

バランスシート上の負債に基づくレバレッジ指標のみに頼る歴史的比較が示唆する「信用の質悪化の度合いは」マクロ的見地からすると「誇張されている」と、ゴールドマン・サックス・グループのアナリストらがリポートで指摘した。従って、「過去最高水準のレバレッジが過去最低の信用の質を意味するとは考えない」という。

  比較は過去20年の「フロー効果」に伴う構造的な改善を無視しているとアナリストらは説明。リポートによれば、投資適格と投機的格付けの発行体の資金調達コストは2000年代初頭に比べ半分以下となり、純利益率は同期間に2倍になった。従って、インタレスト・カバレッジ・レシオは、利払い費用の低下と利益率上昇により高まったとアナリストらは指摘している。

原題:Goldman Says Reports on Drop in Credit Quality Are ‘Overstated’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE