コンテンツにスキップする

ECBには必要なら景気悪化に対応する手段ある-レーン理事

  • ECBはリセッション予想せず-チーフエコノミストのレーン氏
  • リスクが成長見通しを脅かす中で「相当な金融緩和がなお必要」

欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏のリセッション(景気後退)を予想していないが、目標を下回るインフレ率を目標まで押し上げるために必要な手段を全て備えていると、チーフエコノミストのフィリップ・レーン氏が指摘した。

  6月にECB理事に就任したレーン氏は、リスクが成長見通しを脅かす中で物価上昇率が引き続き低調であるため、「相当な金融緩和がなお必要だ」との見解を示した。ECBには「さまざまな手段」があり、必要に応じて最も適切なものを選択する方針だと、レーン氏は9日のツイッターでの質疑応答で説明した。

原題:Lane Says ECB Has the Tools to Tackle Downturn If Needed(抜粋)
ECB’s Lane Says Tools Are Available If More Easing Is Needed (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE