コンテンツにスキップする

トランプ大統領、英大使は「愚か者」-英政府は火消しに躍起

  • 英大使を「もはや相手にすることない」-トランプ氏ツイート
  • トランプ政権を「無能」と評した英大使の外交文書が漏えい
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Kevin Dietsch/UPI
トランプ大統領
Photographer: Kevin Dietsch/UPI

トランプ米大統領は、自身を「無能」だと評した英国の駐米大使を「愚か者」だと酷評した。同大使の外交文書が漏えいし、英国政府は火消しに躍起だが、事態はエスカレートしている。

  トランプ氏は9日、「英国が米国に押しつけた大使は頭がおかしい。われわれが歓迎するような人物ではなく、極めて愚かな男だ」とツイート。「個人的にこの大使を知らないが、思い上がったばか者だと聞いている」と続けた。

  さらにトランプ氏は批判の矛先をメイ首相にも向け、欧州連合(EU)離脱の対応を巡り「メイ首相とその部下がひどい混乱を招いた」と指摘した。

  この件は英国のキム・ダローチ駐米大使がトランプ氏について「不適切」で「無能」だと記述した外交文書が英日曜紙メール・オン・サンデーに掲載されたことが発端。トランプ氏は米政府として同大使を「もはや相手にすることはない」とツイートし、締め出す考えを明示。米政府関係者によると、ムニューシン財務長官とカタール首長が出席した8日の晩さん会に大使も招かれていたが、この招待状は取り消されたという。

  一方、メイ首相は事態の沈静化を図っている。スラック首相報道官はロンドンで記者団に対し、「選別された」外交文書は英国が抱く対米関係の緊密さと敬意を反映していないと釈明した。

原題:Trump Calls U.K. Ambassador ‘Stupid’ as May Tries to Stem Row(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE