コンテンツにスキップする

ECB、ラガルド次期総裁でQE再開の観測高まる-早ければ9月か

  • 月300億ユーロの購入を9カ月続けることは可能とゴールドマン
  • 10-12月にも月450億ユーロ程度で購入開始する可能性とモルガンS

欧州中央銀行(ECB)が危機対応で用いる主力の金融政策手段である量的緩和(QE)プログラムが、近く再開されるとゴールドマン・サックス・グループやモルガン・スタンレーを含む金融機関が予想している。

  ECBは昨年12月に2兆6000億ユーロ(約317兆円)規模に達した資産購入プログラムを終了したが、エバコアISIのクリシュナ・グハ氏は、ECBが9月にも再開に動く可能性があると考えている。ABNアムロやダンスケ銀行、BNPパリバを含む他の金融機関も、来年の早い段階までには再開されると予測する。

  ECBのドラギ総裁は先月、経済見通しが改善されない場合には追加的な金融政策による刺激が必要になるだろうと発言。ユーロ圏では景気の低迷が1年余り続き、一部の当局者は、今の下降局面を一時的な現象と見なすことはもはや不可能だと指摘した。

  ECBの次期総裁にラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事が指名されたことで、債券購入が再開される可能性が高まったとグハ氏は指摘する。ラガルド氏は政策手段として資産購入を高く評価する発言を過去に行った。

  グハ氏は「去りゆくECB総裁が、退任前の最後の大きな一押しへの支持が得られるかどうかについて、市場の疑念が取り除かれるのは間違いない」と分析した。

ゴールドマン・サックス

  • 「例えば月300億ユーロの資産購入を9カ月間続けるような限定的なQEプログラムは、現行の制約の範囲内でも実行可能と思われる」

モルガン・スタンレー

  • 「われわれの想定では、ECBは9月の発表を経て、10-12月(第4四半期)にも月450億ユーロ程度で購入を開始する可能性がある」
Central bank halted net purchases in December, but may restart program

原題:ECB Seen Readying the Pumps for Return to Massive Bond Buying(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE