コンテンツにスキップする
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg

香港ドル下落-流動性逼迫の最悪期、終わったとの見方

  • 10年ぶりの高水準にあった香港銀行間金利も低下している
  • 大型IPOの資金吸収効果、市場は過大評価していたとの指摘も
An employee counts Hong Kong one-thousand dollar banknotes at the Hang Seng Bank Ltd. headquarters in Hong Kong, China, on Tuesday, April 16, 2019. The Hong Kong dollar’s one-month historical volatility climbed to the highest since early February as traders were whiplashed by the currency’s price swings amid declining liquidity. With the city’s de facto central bank having spent $2.8 billion in March to defend the peg to the U.S. dollar, Hong Kong’s aggregate balance has dropped and interbank rates have soared.
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg

香港ドルは9日の取引で値下がりしている。香港市場の流動性逼迫(ひっぱく)が終わりつつあるとの見方が広がった。

  現地時間午前11時24分(日本時間午後0時24分)現在、香港ドルは0.13%安の1米ドル=7.8095香港ドル。10年ぶりの高水準にあった香港銀行間金利も低下している。香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は9日の記者会見で中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案が「葬られた」と言明した。

Hong Kong dollar drops after surging into strong half of band

  クレディ・アグリコルCIBの新興国市場ストラテジスト、エディ・チャン氏は香港ドルには「さらに弱含む余地がある」と述べた。「流動性逼迫の最悪期は終わった」と指摘し、香港で予定されている大型の新規株式公開(IPO)による資金吸収効果を「市場は過大評価していた」と話した。

  香港ドルの1カ月物香港銀行間取引金利(HIBOR)は9日、2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.66107%となっている。

原題:Hong Kong Dollar Weakens as Worst of Cash Squeeze Seen Ending(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE