コンテンツにスキップする

米議会、9月上旬にも債務上限引き上げ迫られる可能性

  • 議会が行動しない限り9月上旬に上限突破するリスク存在-調査団体
  • 超党派政策センターは従来は10-11月としていた

米議会は連邦債務の法定上限引き上げを迫られるのはかなり先であるかのように振る舞っているが、税収予測が引き下げられたため、より早期の対応を求められる可能性がある。非営利調査団体の超党派政策センターが指摘した。

  超党派政策センターは8日、議会が行動しない限り、9月上旬に債務上限を突破する「重大なリスク」が存在すると主張した。従来は10-11月としていた。

  米財務省は政府証券の支払いを可能にするため、22兆ドル(約2390兆円)の債務上限に達した3月2日から、いわゆる特別措置を活用している。

  共和、民主両党議員は米国がデフォルト(債務不履行)状態に陥ることは絶対に許されないとしているが、これまでは行動を急ぐ必要はなかった。

原題:U.S. May Top Debt Limit Before Forecast, Forcing Congress’s Hand

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE