コンテンツにスキップする

イラン、ウラン濃縮度が核合意の上限突破-20%も選択肢と表明

  • 核合意の上限超えをIAEAが確認、「4.5%に到達」とイラン
  • マクロン仏大統領はイランに外交顧問を派遣、緊張緩和探る
Iran Says It Could Enrich Uranium at 20% Purity Following Breach
Photographer: Handout/Getty Images Europe
Iran Says It Could Enrich Uranium at 20% Purity Following Breach
Photographer: Handout/Getty Images Europe

イランは8日、ウラン濃縮度が2015年の核合意で定められた規定上限を超えたと発表、さらに濃縮度を20%まで引き上げる可能性もあると警告した。米国の対イラン制裁が強化される中、核合意の維持に苦慮する欧州の当事国との緊張が高まった。

  米制裁に対抗して合意の履行停止を進めるイランは7日、ウラン濃縮度の合意上限である3.67%を廃止すると表明していた。同国はまた、原油取引継続を可能にする方法を欧州の当事国が見いださない限り、60日ごとに新たな合意履行停止の措置が講じられるだろうと主張した。

  イラン原子力庁のカマルバンディ報道官はイラン学生通信(ISNA)とのインタビューで、「濃縮度はきょう、4.5%に達した」と語った。また同報道官は国営イラン通信(IRNA)とのインタビューで、イランは濃縮度を20%まで引き上げるか、ないしは後の段階で、濃縮のためにより高性能な遠心分離機を使用することを検討する可能性があると説明、これらは「熟慮の上の選択肢」だと述べた。

  核兵器への転用が可能になるウランの濃縮度は90%以上とされているが、それ未満のレベルでも転用への大きな前進と見なされる。国際原子力機関(IAEA)は8日、イランの濃縮度が上限の3.67%を超えたことを査察官が確認したと発表した。

  マクロン仏大統領は週内にイランに外交顧問のトップを派遣し、イランに核合意に立ち返らせ、緊張を緩和する方策を探る予定。仏当局者によると、エマニュエル・ボンヌ氏は9、10両日にテヘランでイラン指導部と会談する。

  ペンス米副大統領は8日、イラン核合意により「撤廃された全ての制裁をわれわれは再び科した」と述べた上で、「トランプ大統領の下、米国はイランが核兵器を保有することを決して許すことはない」と語った。
  
原題:Iran Threatens to Enrich Uranium to 20% Purity as Tensions Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE