コンテンツにスキップする

欧州医薬品株が下落、トランプ大統領の薬価引き下げ計画に反応

  • 他国で支払われている最低価格に基づいて薬価設定する行政命令準備
  • アナリストやトレーダーは懐疑的-「容易な対策ない」との指摘も

8日の欧州株式市場でヘルスケア関連株が全業種の中で最も大きく下げた。トランプ米大統領が米国の薬価引き下げに向けた自身の最新案に言及したことが響いた。ただ、アナリストやトレーダーはあいまいな政治的発言だとしてあまり真剣に受け止めていない。

  大統領は5日、米政府が処方薬購入で支払う価格を他国で支払われている最も安い価格に基づいて設定する行政命令を準備していることを明らかにした。

  これについて、キャンター・フィッツジェラルドのヘルスケア株式営業責任者アンドルー・キース氏は「良いアイデアだが実際は異なる」と指摘。強力な保険会社が政府と製薬会社の間に介在し、リベート(割戻金)の仕組みでさらにややこしくなっている米国の複雑な制度は、米政権が薬価押し下げで「容易な対策がない」ことを意味すると電話で指摘した。

  8日の取引でストックス欧州600指数がほぼ横ばいだったのに対し、ストックス600ヘルスケア指数は0.6%安で終了。ノボ・ノルディスクアストラゼネカなど米国での売上高比率が高い銘柄が下げた。

Sector slips from a near four-year high after Trump's pricing comments

原題:European Drug Stocks Hit, Even as Trump Price Plan Seen as Noise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE