コンテンツにスキップする

HSBCの米責任者が突然引退、後任はシティ勤続30年超のベテラン

英銀HSBCホールディングスは8日、米国責任者パトリック・バーク氏の突然の引退を発表し、後任としてシティグループのシニアバンカー、マイケル・ロバーツ氏の起用を明らかにした。

  HSBCの資料によると、ロバーツ氏はシティに勤続30年以上、これまで最高融資責任者などの要職を務めてきた。

  HSBCの北米部門は不良債権に伴う費用がかさみ、同行にとっては頭痛の種だった。イーウェン・スティーブンソン最高財務責任者(CFO)は今年5月、米国部門について「リターンという点においては、現段階で最も大きな戦略的課題を抱えている」分野の1つだと述べていた。

原題:HSBC Hires Michael Roberts From Citi to Replace U.S. Chief (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE