コンテンツにスキップする
Photographer: Carsten Snejbjerg/Bloomberg

日本の投資家、カバード債市場で積極買い-繰上償還恐れず

訂正済み
Pleasure boats sit at their moorings near residential buildings on a canal in the Christianshavn district of Copenhagen, Denmark, on Tuesday, March 14, 2017. Denmark has changed the way it conducts monetary policy in response to a 2015 existential crisis, according to Danske Bank A/S, the country’s biggest lender.
Photographer: Carsten Snejbjerg/Bloomberg

日本の投資家は、ここ数年では見られなかったペースでデンマークのカバード債を購入している。

  ノルデア銀行によると、日本の投資家によるデンマークのカバード債購入額は5月だけで約20億デンマーク・クローネ(約330億円)。年初からの購入額は103億クローネに達した。すでに2017年通年の購入額を10億クローネ上回り、昨年通年の138億クローネに早くも迫る勢いだと、ノルデアのシニアアナリスト、キア・マリー・ラスムセン氏が述べた。

  繰り上げ償還の可能性が上昇しているにもかかわらず日本の投資家による買いが継続していると、同氏は指摘。これら投資家はカバード債を極めて良く理解しており、「繰り上げ償還のリスクを承知の上で投資しているため、繰り上げ償還の増加で萎縮することはない」と語った。

  デンマークは世界最大のカバード債市場。裏付け資産の住宅ローンで借り換えが記録的な高水準に上り、直近の統計ではカバード債繰り上げ償還の通知は1週間に50%余り増加した。カバード債の発行者は4四半期ごとに額面で償還することが可能で、繰り上げ償還する場合に銀行に通知する次の期限は7月31日となっている。

原題:Japanese Investors Pile Into World’s Biggest Covered Bond Market(抜粋)

(本文第2段落、昨年通年の通貨単位をクローネに訂正します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE