コンテンツにスキップする

BNP、ドイツ銀再編の機を生かす-ヘッジファンド向け業務引き継ぎ

  • BNPはドイツ銀のプライムサービス事業を引き継ぐ
  • 最終的には技術と行員のBNPへの移転が可能に

フランスの銀行BNPパリバはいち早く、ドイツ銀行の事業再編の機会を生かそうとしている。同行は、ドイツ銀が手掛けている電子取引とヘッジファンド向けプライムサービス事業のバックアップを引き受けることに同意、これらの業務を最終的に引き継ぐ公算だ。

  BNPはドイツ銀との間で「プライムファイナンスと電子株取引の顧客にサービスの継続性を提供する」暫定合意を締結した。ドイツ銀が7日発表した。合意が承認されれば、最終的に技術と行員のBNPへの移転が可能になる。

  ドイツ銀は株式セールス・トレーディング業務から撤退する抜本的な再編計画を発表。BNPは昨年終盤の厳しい市場環境で追加的なコスト削減と自己勘定取引部門の閉鎖を余儀なくされた一方、コーポレートバンキングと投資銀行業務の強化を図っている。

原題:BNP Takes Advantage of Deutsche Bank Revamp With Equities Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE