コンテンツにスキップする

ドイツ銀、英米豪で削減開始-厚い封筒抱え涙目で退出する行員ら

更新日時
  • ゼービングCEOがロンドンのオフィスで解雇の過程に立ち会い
  • ニューヨークの米国本社では人事が解雇者に正午までの退出指示
A pedestrian passes a sign at the offices of Deutsche Bank AG in London.
A pedestrian passes a sign at the offices of Deutsche Bank AG in London. Photographer: Jason Alden/Bloomberg
A pedestrian passes a sign at the offices of Deutsche Bank AG in London.
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

ロンドンではドイツ銀行による投資銀行部門の人員削減が8日朝、数百人の規模で始まった。

  解雇に伴う書類が詰まった分厚い白い封筒を持って、金融街シティーのオフィスを出て行く行員らが見られた。匿名を条件にブルームバーグに語った行員によると、これに先立ち行員らは列を成して、人事からそれぞれの運命について宣告を受けるのを待った。

  何人かの元トレーダーらは目に見えて動揺し、涙目でオフィスを去った。近くのレストランバー、ボール・ブラザーズへ向かいスパークリングワインやビールを飲み干す人も見られた。  

Deutsche Bank AG Slashes 18,000 Jobs in $8.3 Billion Overhaul

荷物を持ってロンドンのドイツ銀オフィスを去る男性(8日)

  オフィス内ではクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)が解雇の過程に立ち会っていた。抜本的な事業再編について長時間にわたる電話会議後、同CEOを乗せた黒のメルセデスが社屋を去るのが見られた。

  ロンドンには、ドイツ銀の英従業員約7000人が勤務する。今回の削減の主な対象である投資銀行部門では、中心的な拠点と位置付けられている。人員削減はこれより先、シドニーやムンバイで始まっていた。

ドイツ銀がアジアで早くも人員削減に着手、計画発表翌日に-関係者

  英国では欧州連合(EU)離脱問題もあり、バンカーの削減が続いている。ロンドンの金融サービス業界幹部人材あっせん会社、オーブレック・レオンのマネジングパートナー、ジョゼフ・レオン氏は 「夏は通常でも求人が少なく、全般に良くない環境なので職探しには悪い時期だ」とした上で、ドイツ銀の元行員はすぐに働き始められるため、新しい雇用主から見て魅力的かもしれないと話した。

  ニューヨークのウォール街60番地にある米国本社では、人員削減のために使用される部屋の一つが行員名のアルファベット順に3分割され、人事担当者から封筒が渡されたと、自分のポジションが廃止された従業員は話した。失職した人にはドイツ銀に勤続1年につき2週間分の基本給と最低8週間分の賃金が支給され、正午までに職場を去るよう指示があったという。この人物は人員削減について話すことを認められていないとして匿名で語った。

Deutsche Bank's Fleeting U.S. Dreams To Be Unraveled In Revamp

ドイツ銀の米国本社に向かう人々(8日)

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  社屋の外には、私物を運び出すためバッグを持って来た従業員がいたほか、ロンドンで見られたのと同様の分厚い封筒を抱えて立ち去る人もおり、近くのバーで集まって飲む約束をする姿も見られた。

  ドイツ銀の広報担当はこのプロセスについてコメントを控えた。

原題:Tearful Deutsche Bank Staff in London Learn Fate as Cuts Begin

Deutsche Bank Ax Swings From Sydney to London to New York (2)(抜粋)

(ニューヨークでの削減に関する関係者の話を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE