コンテンツにスキップする

ドイツ銀CEO、強い部門に「繁栄のための酸素」を与えたいと表明

  • ドイツ銀、最も競争力が高い分野に集中する意向
  • 投資銀行の「壮大な野望」は終焉-ゼービングCEO
Deutsche Bank AG Slashes 18,000 Jobs in $8.3 Billion Overhaul

Photographer: Jason Alden/ Bloomberg

Deutsche Bank AG Slashes 18,000 Jobs in $8.3 Billion Overhaul

Photographer: Jason Alden/ Bloomberg

ドイツ銀行の抜本的な事業見直しは、最も競争力が高い分野への集中と、投資銀行に関する「壮大な野望」の終焉(しゅうえん)を意味すると、クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)が述べた。

Deutsche Bank AG Annual General Meeting

クリスティアン・ゼービングCEO

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

  同氏は8日の報道関係者との電話会議で、「当行の強い事業が繁栄できるように酸素を与えてやらなければならない」とし、それほど期待の持てない分野からは撤退する必要があるとの考えを示した。同戦略の中核はコーポレートバンキングで、同行全体の現在の価値を上回る可能性もあると語った。

  ドイツ銀は株式事業から撤退し、9万1000人の行員の5分の1を削減する計画だ。これまでは日和見的に成長を遂げようとすることが多く、「戦略や目的」に基づいてはいなかったと振り返り、新体制では「投資銀行は中核的収入の30%を稼ぐことになると見込む」とゼービングCEOは述べた。

原題:Deutsche Bank CEO Wants to Give Strong Units ‘Oxygen to Prosper’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE