コンテンツにスキップする

ドイツ銀、クレジットリスクは急低下-投資家が再建策を支持

  • クレジットリスクは3月以来の低水準まで下げる
  • ユーロ建て劣後債は再建策の発表を受け急上昇

8日の金融市場では、クレジット投資家がドイツ銀行の再建策を支持していることが示された。同行のクレジットリスクは過去最低を更新し、欧州時間午前の取引ではユーロ建て転換社債が上昇した。

  ICEデータ・サービスによると、最もリスクの高い社債の保証コストは13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し、3月以来の低水準を付けた。ブルームバーグのまとめた価格データでは、同銀が経営難に陥った際に真っ先に損失を被ることになる高リスク社債は1ユーロに対して0.5セント上昇し、4月以来の高値で取引されている。

  リーガル・アンド・ゼネラル・インベストメント・マネジメントのポートフォリオマネジャー、マシュー・リーズ氏は、同銀の社債相場は「上昇している。投資家は今のところ、再建策が奏功する公算や、その内容が十分で同行がはようやく本腰を入れ始めたことに賭けている」と述べた。

原題:Deutsche Bank Credit Risk Tumbles After Lender Reveals Revamp(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE