コンテンツにスキップする

ソシエテの自己勘定取引デスク、閉鎖前の2018年に22億円の損失

relates to ソシエテの自己勘定取引デスク、閉鎖前の2018年に22億円の損失

フランスの銀行ソシエテ・ジェネラルの自己勘定取引チームは2018年に投機的な取引で約1800万ユーロ(現在の為替レートで約22億円)の損失を出した。これを受けて同行は数週間後に問題のデスクの閉鎖を開始した。英企業登記局への届け出から分かった。

  届け出によると、自己勘定取引を行うために設立されたデカルト部門はその前年の1760万ユーロの利益から損失に転じた。市場の逆境と慎重な戦略のために「パフォーマンスが悪化した」という。

  デカルトの損失によりソシエテ投資銀行部門の18年の不振が増幅され、フレデリック・ウデア最高経営責任者(CEO)は拡大戦略を撤回。デカルト閉鎖を含む大規模な部門再編計画を打ち出した。

Opening Day of the St Petersburg International Economic Forum 2019

フレデリック・ウデアCEO

Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

原題:SocGen’s Prop Desk Closing Followed $20 Million Loss in 2018(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE