コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

7月の米利下げ「絶対確実」に揺らぎ、60~65%との見方も

  • 6月雇用統計の強い内容を受けて利下げの根拠弱まる
  • パウエル米連邦準備制度理事会議長は10、11日に議会証言
The Marriner S. Eccles Federal Reserve building stands in Washington, D.C., U.S., on Monday, April 8, 2019. The Federal Reserve Board today is considering new rules governing the oversight of foreign banks. Chairman Jerome Powell said the Fed wants foreign lenders treated similarly to U.S. banks.
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

6月の米雇用統計の強い内容を受けて、今月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)での議論はどの程度の利下げをするかから、利下げをするかどうかに移行した。

  フェデラルファンド(FF)金利先物は雇用統計発表後、一時は0.25ポイント利下げすら100%確実ではないことを示唆した。発表前には0.5ポイント利下げも予想されていた。

2-year yield jumps as Fed might be less aggressive

  パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は10、11日に議会証言する。米経済見通しの不確実性を指摘していた議長が雇用統計結果をどう判断したかをうかがい知ることができる。30、31両日のFOMCは世界経済減速と貿易摩擦、低インフレの中で、米経済に「保険としての利下げ」が必要かどうかを議論する見通し。当局者らは政治的圧力に屈していないことを強調することにも苦慮するだろう。トランプ米大統領は5日にも金融当局への利下げ要求を繰り返した。

  JPモルガン・チェースの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・フェロリ氏は、0.5ポイント利下げはもはや議題に上らないと語った。ジャン・ハッチウス氏らゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは雇用統計発表後のリポートで7月の0.25ポイント利下げの確率は60%、0.5ポイント利下げは15%、据え置きは25%との見方を示した。ルネサンス・マクロ・リサーチの経済責任者、ニール・ダッタ氏は 「7月FOMCの決定は市場が織り込んでいるほど一方的ではないだろう」と述べた。ムーディーズ・アナリティクスの金融政策調査責任者、ライアン・スウィート氏は、「雇用の伸びの回復で恐らく0.5ポイント利下げはなくなった」が、「利下げの確率は約65%だと思う」と述べた。

Markets see lower rates, though jobs report shows less urgency

原題:Fed Debate Shifts From Large Cut to Whether to Cut at All (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE