コンテンツにスキップする
Photographer: JOHANNES EISELE/AFP

中国株が大幅安、「科創板」に資金移ると懸念-リスクオフに拍車

更新日時
  • 上海総合指数と創業板はいずれも一時3%超の下げ
  • 科創板は22日取引開始-既存株からIPO銘柄に資金向かうとの見方
A board shows the stock movements inside the Shanghai Stock Exchange in the Lujiazui Financial district of Shanghai on September 22, 2015. AFP PHOTO / JOHANNES EISELE (Photo credit should read JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
Photographer: JOHANNES EISELE/AFP

8日の中国株式相場は大幅下落。上海証券取引所が新たな株式市場「科創板」の取引を今月22日から始めると先週末に発表したことで、既存株式から新規株式公開(IPO)銘柄に資金が向かうとの懸念が広がった。新興国市場のリスクオフムードに拍車を掛けている。

  上海総合指数は2.6%安と、2カ月ぶりの大幅下落。アジアの主要株価指数の中で下落率は最も大きかった。テクノロジー銘柄中心の創業板(チャイネクスト)指数の下げ幅も2.7%安で引けた。

  申万宏源集団の国際ビジネス部門ディレクター、ジェリー・アルフォンソ氏はこの日の下げについて、「科創板の上場銘柄が投資家の注目を集める中で、流動性の面で幾分の圧力が生じているようだ」と指摘。「このシナリオであれば上場銘柄間の資本再配分と考えられ、調整は一時的にとどまる公算が大きい」と述べた。

China stocks dropped most in Asia on IPO concerns amid risk-off sentiment

原題:China Stocks Sink as Flood of IPOs Add to Risk-Off Sentiment(抜粋)
Chinese Shares Fall as Flood of IPOs Adds to Risk-Off Sentiment

(第2段落の株価を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE