コンテンツにスキップする

ウィーワーク、以前議論したより大型の信用供与枠を協議

  • IPOを控え最大40億ドルのデットファイナンスを計画-WSJ
  • 5月の関係者の話では27.5億ドルの信用枠設定で銀行と協議
A gorilla sculpture sits in the lobby of the WeWork Cos Inc. 85 Broad Street offices in the Manhattan borough of New York, U.S..

A gorilla sculpture sits in the lobby of the WeWork Cos Inc. 85 Broad Street offices in the Manhattan borough of New York, U.S..

Photographer: David 'Dee' Delgado/Bloomberg
A gorilla sculpture sits in the lobby of the WeWork Cos Inc. 85 Broad Street offices in the Manhattan borough of New York, U.S..
Photographer: David 'Dee' Delgado/Bloomberg

シェアオフィス事業を展開する米ウィーワークは以前に議論した27億5000万ドル(約3000億円)よりも大型の信用供与枠の設定について複数の銀行と協議している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  これに先立ち米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は7日、ウィーワークが今後数カ月で最大30億-40億ドルのデットファイナンスを目指しており、その規模は向こう数年で100億ドルに拡大する可能性があると、事情に詳しい複数の関係者の話を引用して報じていた。5月に関係者がブルームバーグに語ったところでは、同社は新規株式公開(IPO)に先立ち27億5000万ドルの信用枠の設定で複数の銀行と協議していた。

  関係者が7日に匿名を条件に述べたところによると、JPモルガン・チェースを含む銀行側との協議はまだ流動的で、決定は何週間も先だという。

  JPモルガンとウィーワークの担当者は7日、協議についてコメントを控えた。

原題:WeWork in Talks for Larger Credit Line Than Previously Discussed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE