コンテンツにスキップする

ブロードコムがシマンテック買収に向けて前進、融資確保-関係者

更新日時
  • ブロードコムの提案、シマンテックを債務含め220億ドルと評価
  • シマンテックのクラーク元CEOと投資会社も買収に関心

半導体メーカーのブロードコムは、サイバーセキュリティー用ソフトウエアメーカー、シマンテックの買収に向けて融資を確保し、コスト削減額を確認した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。全額現金による買収はシマンテックを債務を含めて220億ドル(約2兆3860億円)強と評価する可能性がある。関係者が交渉が非公開であることを理由に匿名で語った。

  同関係者によると、ブロードコムは銀行数行から融資のコミットメントを得ており、合併による年間のコスト削減効果が15億ドル前後に上ると予想している。買収の合意は今月半ばに成立する公算があるが、交渉は依然長期化したり、決裂したりする可能性もあるという。

Symantec Corp. Headquarters As Broadcom Eyes Cybersecurity Software Maker

シマンテック本社

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  一方で、シマンテックには、グレッグ・クラーク元最高経営責任者(CEO)も関心を寄せている。関係者によると、クラーク氏は対抗案をまとめるため投資会社アドベント・インターナショナルやペルミラ・ホールディングスと手を組んでいる。ただ、これまでのところブロードコムに対して価格面で競争力がないことから、この取り組みが成功する確率は低いという。

  ブロードコムとシマンテック、クラーク氏、アドベント、ペルミラの担当者のコメントは得られていない。

原題:Broadcom Is Said to Progress on Symantec With Financing, Savings(抜粋)

(元CEOの動きに関する関係者の話を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE